ローガン
ヒュー・ジャックマンが演じる最後のウルヴァリン映画「LOGAN/ローガン」の日本オリジナル予告が公開された。
スポンサードリンク


映画「LOGAN/ローガン」予告D


ストーリー
ある出来事によってミュータントがほぼ絶滅した2029年の近未来。
主人公ウルヴァリン=ローガンは治癒能力を失いつつあった、年老いて生きる目的さえも失ったまま荒野の廃工場でひっそりと暮らすローガン。
ローガンの良き師であったチャールズ・エグゼビアは全盛期の面影のない衰弱した姿だった、そんな彼のらの前に現れたのはローラという名の幼い少女。チャールズは巨大な謎の武装集団に追われる彼女こそ絶滅の危機にあるミュータントの唯一の希望であるとローガンに告げ、ローラを守るよう説得する。
武装集団の襲撃を逃れ、車で荒野を旅する3人の行く手には、想像を絶する運命が待ち受けていた....
photo

前作『ウルヴァリン:SAMURAI』から続いてジェームズ・マンゴールド監督は、本作について「ローガンは、悪い奴は怖くないし、死も怖いと思っていないが、愛情を怖がっている。それに人と関わることや親密になることが怖い。ローガンに対し、一種のスケールの大きい感情的な要素を突きつけた映画だ」と発言した、またヒューも「本作で我々が目指したことの一つは、ファンに向けたラブレターにするだけでなく、“アメコミ映画を一度も観たことがない人”“アメコミ映画を観たいとは思っていない人”にとっても観てもらえる映画にすることだった」と語っている

映画『LOGAN/ローガン』は6月1日より全国公開です



予告見た感じだとX-MENの世界観知っていれば見れそうだね
X-MENシリーズ全部見てない人でも大丈夫そう

関連リンク