イブニング いぬやしき
GANTZの作者、奥浩哉先生の『いぬやしき』が本日(7月25日)発売のイブニング16号で最終回が掲載されました。

スポンサードリンク


『いぬやしき』あらすじ
定年を間近に迎える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け自暴自棄になる。
その晩、突如飛来したUFOの墜落に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。
一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。
自分の意に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。
人間の本質は善なのか、それとも悪なのか…?
強大な力を手に入れた2人が、いま、それぞれの想いで動き出す――。
アニメ公式サイトから引用

イブニング いぬやしき

今年の10月にはフジテレビの「ノイタミナ枠」にてアニメ放送がスタート予定で、来年の2018年には佐藤健と木梨憲武主演で実写映画化も決定している。
イブニング16号ではアニメで監督を務める籔田修平さんと奥浩哉さんの対談が掲載され、さらに実写映画の主演2人による新着コメントも掲載されている。





単行本派だけど雑誌読みました!
意味わからんかった!
単行本発売楽しみに待ってます!!


いぬやしき(1) (イブニングKC)

奥 浩哉
価格: ¥ 637
発売日は2014年5月23日
(2017年5月23日現在)

カラーコミック付き いぬやしき(9)特装版 (プレミアムKC イブニング)

奥 浩哉
価格: ¥ 1,296
発売日は2017年5月23日
(2017年5月23日現在)


関連リンク