GANTZ
10月14日(金曜日)から公開している
フル3DCG映画”GANTZ:O
スタッフ紹介などは省きます

あらすじ

物語の始まりは主人公、玄野計と加藤勝が地下鉄ホームに落ちた酔っぱらいを助け運悪く二人は電車に轢かれ死亡、からガンツの部屋に送られ始まりますが

今回の映画では尺の都合上か新規のお客さんのためか改変され、加藤は地下鉄のホームにて通り魔に刺殺されガンツの部屋に送られ物語が始まります。 主人公の玄野計は加藤とのすれ違いのように前回の戦いで戦死したようです。

原作の方では玄野はオニ星人編で死亡し準主人公である加藤が”100てんめにゅ~”を使い玄野を生き返らそうと頑張っているのが今回の大阪編の話ですね。

ですが映画の加藤は玄野のことも知らないしガンツのルールさえも分からないド新人です。 そのド新人が今回”GANTZ:O”の主人公なのです。
東京チームは加藤、レイカ、西くん、鈴木さんの四名、これは原作と違い少人数!この時点で原作ファンの私はすでに恐怖で震えていましたww

原作との違い

映画冒頭、玄野がオニ星人との戦いで死亡する映像が出たので玄野がいない理由がわかりますね
加藤がなぜド新人として登場したのかは最後にわかります

大阪チームは最初に出たときは結構人いたんですが呆気なく死んでいきました。
山咲杏、室谷信雄(レイザーラモンRG)、島木(レイザーラモンHG)、岡八郎(ケンドーコバヤシ)
以上4名東京と同じ人数ですね

上映時間を考えるといい改変だと思いました、スッキリして見やすかった

んで!上記見て何か思いませんか?そう!大阪チームは芸人が声優をやっているんです
が!超上手かった違和感ZERO特にRGはすごかった セリフが少ないせいか気付きもしなかった。むしろ全キャラの中で一番キャラクターの魂入っていたような?

日本人よこれが3DCGだ!

予告を見ていただければ分かるように超綺麗なCG!


本編でもこの映像美は失われていませんよ!映画館の大音量と巨大スクリーンで2倍、いや3倍!くらい綺麗に!ちょっと盛りましたでも本当に綺麗なんですよ

スーツの光沢やXガンの光、エフェクトがカッチョイイ!背景も手が込んでいてまるで実写、背景が綺麗だからGANTZに登場する兵器が浮くこともなく、よく馴染んでいました。

Zガンの重力が働いたときの音や映像でZガンの強さを物語っていてカッコ良さ3倍!



アクションが半端ない!

走り姿がもうねマジで走ってるんですよ、何言ってるんだって思うかもしれないけど本物の人間が走ってる感じがするくらい自然な走りなの!
多分モーションキャプチャー使ってるんじゃないかな?てか使ってるよね凄かったもん

カメラワークも凄かったバーチャルカメラって言うんですかね?遠目の映像、寄りの映像が同じ空間の映像って感じがしてその場に星人がいる感覚もあった

実写の場合遠目の映像を撮ったらカットして寄りの映像も撮るでしょ?だからカット中でも時間は進んでるわけですよ、でも3DGCでは遠目撮ったら巻き戻しをして寄りでまた撮るわけです。だからなんだって感じでしょうがそれが凄いんですよ、カメラが実写やアニメとは違い自由に動かせる良さってのが!

だからって無駄にカメラを動かしているシーンは一切なかった、見やすくGANTZの格好良さを上手く引き出していました。

モーションキャプチャー使ってると思うんですけど
レイカや杏のおっぱいが不自然なくらいに揺れていたんですがあれは一体....原作リスペクトってことっすね!

4DX、2Dあなたはどっち?

私は2Dで観に行きましたが4DXも凄いらしいですよ



おっぱいの匂い?血しぶき!?

4DXってたまにしつこい所があるからね静かに観たい人は2Dがいいかもしれませんね、まだ4DXを体験していないのなら物は試しですよ?

まとめ、感想!

ストーリーは原作と少々の違いはありましたが嫌な感じもなかったので良し!
原作未読の人にとったら見やすいし大阪編だけのお話なので上手くまとめていたと思います。

ド新人のはずなのに加藤強くね?ってシーンも最後にフォローもあったし終わり方が加藤らしくってウルッときましたし、何もかもが良かった!とは言えないところが一箇所

キャラクターの表情が鈍いってところです。汗や声の演技、体の動きなどでカバーされているんですが顔があんまり動いてなかったように感じました。口の動きもワンテンポずれていて日本語の口の形をしているのは分かるんですが吹き替え映画のような、でもそれも10分位すれば慣れて気にならなくなったけどね。

声優さんの演技力のおかげですね!特にM・A・Oさんは可愛かった~可愛くて可愛かったな~

最近の邦画は来てますね!シンゴジラ、君の名は。、聲の形、GANTZ:O
来まくってますよ!

この調子でGANTZ全編3DCG化お願いします!!



上映劇場情報|『GANTZ:O|ガンツ:オー』

GANTZ:G 1 (ヤングジャンプコミックス)

イイヅカ ケイタ (著), 奥 浩哉 (原著)
価格: ¥ 648
発売日は2016年9月16日
GANTZ:O Blu-ray 豪華版

小野大輔 (出演), M・A・O (出演), 川村泰 (監督)
参考価格: ¥ 9,504
価格: ¥ 7,068(2017年1月3日現在)
発売日は2017年2月22日